看護師の年収の現状

病院をはじめ、介護施設や保育園など、様々な場所で活躍できるのが看護師の特徴です。看護師は全国どこでも需要が高く、転職しやすいうえに、平均年収も高めであると言われています。

現状、全職種の平均年収は、およそ490万円前後だと言われていますが、看護師の平均年収は480万円程度だそうです。一見すると平均よりも低くなっていますが、女性の平均年収と比べるとかなり高めになっています。実は女性の平均年収は、およそ377万円前後であり、女性看護師の平均年収の480万円と比べるとその差は歴然です。したがって、女性に限定すれば、看護師の平均年収は全職種の中でも高く、それが高収入だと言われる要因になっています。

ちなみに、女性看護師の平均年収と男性看護師の平均年収を比較すると、男性看護師の平均年収の方がやや高めになっています。男性看護師の場合は、平均年収はおよそ490万円程度だそうで、10万ほどの差があります。その理由は、男性看護師の方が規模の大きな病院に勤めやすく、家庭を持っていれば家族手当を支給されるという点が関係していようです。また、女性は妊娠や出産を機に、正社員ではなくパートや契約社員に切り替えて働く人が増えますが、男性はほぼ正社員で働いているということも年収に差が生じる要因かもしれません。さらに、男性看護師は女性看護師よりも夜勤に入りやすいという点も、年収差に影響を及ぼしていると考えられます。

夜勤に入ると、基本給にプラスして夜勤手当が付くので、給与アップには欠かせません。そして、この夜勤手当の存在が、看護師の年収にも関係しているのです。

タグ

サイトにタグがないため、現在ここに表示するものはありません。

最近のコメント

表示できるコメントはありません。

カテゴリー

  • カテゴリーなし